アデカ記事に掲載されました。
癒しと美しさを求める あなたの隠れ家サロン「Riange リアンジュ」

筋膜にアプローチする整体です!!!

「筋膜矯正」とは、筋膜に対して矯正を施し、骨盤のズレや歪みの本当の原因である・筋膜の縮み・癒着・ ねじれを正常に整えていく手法です。
アメリカでは、『筋膜リリース法』といい、理学療法やオステオパシー の分野で筋膜にアプローチする手法が行われていますが、全身の筋膜を伸ばすのに時間がかかるという デメリットがあります。
筋膜矯正は、臨床経験に基づき、即効性のある手法をあみ出した独自のオリジナル手技ですので、 短時間で結果が出せる、他のスクールでは学ぶことの出来ない技術です。

筋膜とは?

筋膜とは、頭のてっぺんから足の先までを覆っている薄い膜のことを言います。皮膚が体の外側を覆っているように、筋膜は体の内側の骨や筋肉、内臓、神経、血管、リンパなどの大事な部分を覆って支えています。
そして、筋膜は体の表層(皮下筋膜)から深層(腱、骨膜)まで連続して繋がりながら、立体的なクモの巣のように身体のすみずみまでをネットワークとして張りめぐらされています。
例えば、グレープフルーツ。ナイフで半分に切ると薄い皮で果肉どうしが分かれているのが見えますね。それと同じように人間の筋肉も筋膜で包まれているということです。

筋膜の短縮について

筋の短縮は筋膜の癒着によって起こります。 その原因は、姿勢の問題、精神的、ケガ、手術などによって起こる身体の歪み、ねじれが長時間かかることによるストレスであると言われています。
身体の歪みによって起こる筋膜同士の癒着は筋の短縮となり、筋の可動性を低下させ、関節運動に制限も起こすことになっていきます。
その結果、体に痛みを感じることになり、筋の緊張を増加させて、また身体に歪みを作ることになり悪循環に陥ります。

筋膜の癒着による可動制限

筋膜の短縮は、隣り合う筋膜同士の癒着によって起こります。
癒着をといてあげることで、身体の可動域が上がり、関節の柔軟性が向上します。
血液やリンパの流れもスムーズになり、むくみも解消されます。

歪みからの解放

筋膜矯正の一番の特徴は、体全体をひとつの立体的な膜組織システムとして捉えることです。
その考え方によって、下肢を牽引することで腰部の緊張や頚部の痛みなどを軽減することが可能になります。
人間の体は、バラバラのパーツが重なりあったものではなく、ひとつひとつのパーツが筋膜によって繋ぎ合わさり全体が構成されています。
筋膜の縮みや、ねじれ、歪みを取り除くことで、骨も本来の正しい位置にもどっていきます。筋膜のねじれや癒着によって圧迫されていた血管やリンパの流れもスムーズに なります。

【CCスクールだけの他では絶対に学べない技術!!】

☆エステ、アロマ、フェイシャル、ストレッチにプラスすれば、他にはないオリジナルのメニューができます。


Q.筋膜矯正って他の整体と何が違うの?

A.一般的に知られている整体は、骨自体の歪みを矯正するため、無理な負荷を身体にかけてバキボキと施術を行います。
その場では歪みは改善されますが、歪みの根本は筋膜がねじれていたり、筋膜の癒着が原因で、骨が引っ張られることにあるので、結局はまた歪みが起きてしまいます。
骨のみを矯正しても根本的な改善策とは言えないでしょう。

Q.筋肉をほぐすのと何が違うの?

A. 筋肉の周りも筋膜が覆っています。筋肉は筋繊維が束になったものですが、その束を筋膜が覆っています。筋膜が癒着することで、筋が短縮し、筋肉の動きが悪くなったり、筋膜のねじれによる圧迫により、 血行が妨げられ、筋が硬くなります。筋肉をぐいぐいほぐすと、筋肉が余計に緊張し硬くなったり、無理にほぐそうとすることで、痛みや、揉み返しの原因となります。筋肉の周りの筋膜の癒着やねじれをといてあげることで、筋肉のバランスも整います。

Q.筋膜矯正のメリットは?

A. 一般的な整体は自分の身体を大きく使っての手技や、骨を矯正する際に相手を支えるような体制になったりと、少し体力が必要だったり、指での指圧などは、慣れるまでは体重を支えるのに指への負担が大きく、少々大変な面があります。
その点、筋膜矯正の手技は、力は一切必要ありません。コツと筋膜の仕組みさえ理解すれば、全身の矯正や痛みの改善などが、体力を使わず楽に行う事ができます。 女性や、体力に自信のない方でも行える手法です。

Q.筋膜矯正ってほんとうに即効性があるの?

A. どんなものかは実際に受けて頂くのが一番だと思います。CCスクールの、筋膜矯正セラピーの体験コースでは、講師の施術を実際に受けてみたり、実際身体に触れてみて、どんな手技かを体験することが出来ます。
併設サロンがございますので、講師による施術をお客様として体験していただくのも良いかもしれません。きっと筋膜矯正の魅力を感じていただけることでしょう。




CCスクールの筋膜矯正セラピーは当スクールの筋膜矯正セラピーの第一人者『熊﨑 真史』考案の筋膜にアプローチしていく整体です。 近年、筋膜に注目している施術家が多くなってきました。
筋膜という聞きなれない言葉も、近い将来は皆さんの身近に感じられる言葉となると予想されます。
なぜなら、筋膜にアプローチすることが、さまざまな身体の不調の根本的となる原因を改善へと導く最良の手法であるからです。
指圧、鍼灸、整体、柔道整復、あん摩マッサージ、オイルトリートメント、さまざまなマッサージ法が存在する中、経験を積み、技術の研究に励む施術家たちが行き着くところは『筋膜』なのです。
指圧など通常皆さんになじみのあるマッサージ法は、未熟な指圧師が行うと、力任せに筋肉が押圧されすぎて、無理にほぐされ、揉み返しと呼ばれる症状が出ることはよくある話で、一般的に上手といわれる施術家ほど、そんなに圧を強くかけていません。
ほぐれるポイントを熟練の経験で感覚的に察知し、独自の指の感覚で筋肉が緩むところをアプローチしています。
その緩むポイントはというと、やはり『筋膜』なのです。筋膜と知らずに、なぜかこの方法だと緩む。そんな感覚の施術家が上手といわれる方の共通点であります。 ほとんどのマッサージではコリや痛みのある部分に直接アプローチをかけますが、コリや痛みの引き起こしている根源となっている箇所は他にあります。根本的なところを改善しないと一時的に楽になっても、また繰り返し同じ事が起こります。
筋膜矯正セラピーでは一時的な施術法とは異なり、その根源となる部分見つけ出し、アプローチしていく事で、本当の原因となる部分を改善し、それにより、関連している痛みを取り除いていきます。 筋膜にアプローチする手法と言っても、さまざまで、筋膜リリース法や筋・筋膜ストレッチなどの方法などを行っているところもありますが、熊﨑 真史 考案の筋膜矯正セラピーの特徴は
① 瞬間的に歪みをとる
② 力を一切使わないので疲れない
③ コツさえつかめば誰にでも行える
④ 不調を根本から改善できる
⑤ お年寄りや赤ちゃんにまで安全に行える

などがあげられます。
ここまでお話しし、筋膜にアプローチすることの利点ばかりを述べましたが、ただ筋膜にアプローチすれば良いというものではありません。
筋膜にアプローチすれば筋肉の緊張や硬い部分はどんどん緩みますし、その場では楽になるかもしれません。ですが、やみくもに筋膜にアプローチをするだけでは、逆に身体を不調にしてしまう諸刃の剣となります。
筋膜矯正セラピーでの最大の重要なポイントは、身体全体のバランスをみながら、施術を施していく事です。バランスを取らないまま筋膜を緩ませるという事が一番危険なのです。
CCスクールの授業ではこの全身のトータル的に見たバランスに重点をおいた授業を行っています。どなたでも分かりやすくボディメイキングが出来ます。
初心者の方でも、正しく、安全に筋膜を矯正していく知識と技術を学べる、唯一のスクールです。

 

 


何かご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。


電話番号:070-5558-4777(引越中臨時電話番号)
※施術中につき、出られないこともございますが、再度ご連絡ください。

E-mail:info@cc-school.jp